太陽光発電システムは不透明なところが多い

太陽光発電システムを導入する際に、疑問に思うことは山ほどあります。色々なことが分かりにくい・不透明だと感じることがあると思います。それは住宅環境によって、見積もりや発電量などが変わってくるからです。必ずどの住居も一律150万円と決まっているのであれば費用の見通しもつきやすいでしょうが、そうはいかないのです。それに加え、契約や補助金の申請なども、何をやったらいいのかと言うことを明確に理解している人はほとんどいないでしょう。それでは、とにかく不透明なものを順番に見ていくこととしましょう。

太陽光発電の分かりにくいポイント

これら3点が、太陽光発電を不透明にしている原因なのです。これらの不透明さを解消したうえで導入をすることで、導入後に後悔しないために是非とも必要なポイントになりますので、覚えておきましょう。

① 価格が不透明

なぜ価格が不透明になるのかと言うと、それは住居によって屋根の形状や広さなどが様々であり、そのため住居ごとにオーダーメイドとなるからです。また、設置工事費や電気配線工事費もかかります。屋根の形状によっては、パネルの面積や種類、メーカーが限定される場合があります。現地調査をするまでは、明確に○○万円ですということを言えません。しっかりと現地調査をしたうえで、実際の金額も見えてくるのです。これが、まだ導入に踏み切らない人が「どれくらいかかるのか知りたい」と思った際に不透明さを感じさせるのです。

② 契約が不透明

太陽光発電設備の導入を検討する人のほとんどが、太陽光発電についての知識を持っていません。したがって、業者から太陽光発電について色々と話を聞いても全てを理解することが難しく、業者は全てをきちんと話していたとしても依頼主からすれば契約内容に不透明さを感じてしまうのです。これを解消するには、インターネットで知りたいことを検索したり、メーカーのパンフレットなどを見てみたりすると非常に分かりやすく説明されている記事がみつかるでしょう。予備知識を学んだ上で業者の説明を受けると、理解も非常に深まりますし、後々公開することもなくなります。これは悪徳業者に引っかからないための対策にもなります。

③ 補助金の申請が不透明

補助金の申請には多くの書類が必要であり、自ら申請するには不透明すぎるでしょう。しかし補助金をもらはないのでは、非常にもったいない。それでも大丈夫です。施工業者がすべての申請手続きを代行してくれることが多いので、実はあまり心配する必要はありません。申請の代行を依頼する際、全ての申請業務を委託する必要がありますので、完璧に信頼のおける業者を選ぶようにしましょう。

インターネットやメーカのパンフレットなどで記載していることは、あくまで参考資料になりますので、見積金額などは特に業者に依頼したり相談してみない事には解消できない疑問ではあります。しかしながらこうした「ある程度の知識」を身に付けておくことで、話を鵜呑みにせず、自身の理解のもとに適切な判断が出来る事でしょう。

ページのトップへ戻る